かるるんぶろぐ

イタリア旅行のブログ書いてます。

イタリア旅行#39 ガレリア

こんにちは かるるんと申します。
イタリア旅行のブログを書いています。

前回はミラノのドゥオモを観光した記事を書きました。

今回はドゥオモのすぐ側にある高級ショッピングセンター「ガレリア」の記事を書きます。

 

 プラダ本店

 

 ミラノ大聖堂を満喫して次はドゥオモのすぐ側にある「ガレリア」へ向かいます。

「ガレリア」は1870代くらいに建てられた古いアーケードで高級ブランドがたくさん入っているショッピングセンターのようなものです。

高級ブランドといえばフィレンツェプラダのアウトレット「スペース」や高級ブランドが入っている「ザ・モール」にも行ってきたのですが「ガレリア」でも高級ブランドを物色しようというのです。

プラダの本店とかアルマーニとかの高額な服飾を販売している店舗がたくさんあるので彼女は目を輝かせていましたが、彼女がプラダの本店だとか高級店へ入ってみた感想はフィレンツェのアウトレットで買ってくれば良かった」と凄く後悔していました。

彼女の話を聞いたら、こういうときに「あとの祭り」という諺を使うのが適切な使い方なのだろうなって不思議と頭に浮かんだのを覚えています。

フィレンツェからミラノ経由でイタリア旅行する方がいれば参考にして欲しいです。

 

雄牛のレリーフ

 

f:id:karurun428:20190906152358j:image

 

 ガレリアで有名な「幸せになれる雄牛のレリーフ」を観光しました。

雄牛の急所にカカトと乗せて3回周ると願いが叶うというやつです。

雄牛のレリーフは人だかりが出来ていたので簡単に見つけることが出来ました。

カカトを乗せる場所は可哀そうなくらいエグれてたけど、僕らも雄牛の上でクルクル周ってきました。

順番待ちので並んでいるので待ってる人からは周る姿を注目されてしまいます。

マイケル・ジャクソンばりにターンを決めたかったのですが、残念ながらダンスは不得意な上に変に緊張してしまってカクカクしながら周ってしまった気もしますが、しっかり3回周ってきたので願い事は叶うはずです。

f:id:karurun428:20190906155056j:image

 

 ライトアップ

 

ガレリアを観光していたら日が落ちて暗くなっていました。

ミラノ大聖堂はライトアップされていて凄く綺麗だったのでドゥオモ広場から見えるミラノ大聖堂とかをバックに記念撮影をしてホテルへ戻ります。

f:id:karurun428:20190906161725j:image

 ガレリアの高級ブランド店に入ってみた印象は、中国人観光客が多く中国語を話す店員はどの店にもいました。

よくテレビのニュースで観るみたいに富裕層であろう中国人が爆買いしてるのか思いきやウインドウショッピングだけの人が多く、買い物をしようとしている人は少なく感じました。

僕たちが来るには「場違い」な所かと思っていたのですが、庶民は僕たちだけではないことを確認できて少し安心した気持ちになったです。

次回はレストランでディナーをした記事を書きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イタリア旅行#38 ミラノ大聖堂

こんにちは かるるんと申します。
イタリア旅行のブログを書いています。

前回はミラノのマックハウスハンバーガーを食べていたら物乞いに遭遇した記事を書きました。

今回はミラノのドゥオモを観光した記事を書きます。

 

ドゥオモ広場

 

ドゥオモ広場を横切りミラノ大聖堂へ向かいます。

ドゥオモ広場はブログとかで予習していった通り、鳩が沢山いて餌やりをしている観光客もいます。

そして、鳩の餌を押し売りしているオジサンを発見しました。

すれ違いざまに鳩の餌を無理やり握らせて金銭を要求する詐欺をはたらく人達です。

記事で読んだ通りでシレっとした顔で近づいてきてスーっと手を伸ばして餌を握らせようとするのです。

うっかり餌を受け取ってしまうと代金を要求されるのです。

マックで物乞いと遭遇して嫌な思いをしたのとは違って「ムフフ その手口はお見通しなのだ」と楽しい気持ちになったのです。

f:id:karurun428:20190731144157j:image

 ドゥオモ広場を抜けるとハッキリとミラノ大聖堂が見えてきます。

遠目からは感じなかったですど、近くに寄ると凄くデカイです。

大きいだけでなく「これぞ大聖堂」って感じがします。

洗練されたデザインでカッコよかったです。

f:id:karurun428:20190731160533j:image

 

 屋上テラス

 

ミラノ大聖堂の横のチケットセンターでチケットを購入します。

整理券をもらって順番がきたらチケットを購入できる仕組みでした。

屋上テラスと内部が見学できるチケットなのですが、屋上テラスへ登るには階段とエレベーターの方法があります。

もちろんエレベーターで昇るチケットを購入しました。

順番を待っていた客の大半は中国人観光客のようでチケットセンターの中でも大音量の中国語が飛び交っていました。

彼らと出会うたびに「もう少しボリュームを下げて話せないのかな」って思うのですが無理なのでしょうね・・・。

 

チケットを入手して屋上テラスから見学します。

セキュリティチェックをしてエレベーターに乗ります。

混雑はなく並ばずに乗る事ができました。

屋上テラスからはミラノの街を一望できます。

f:id:karurun428:20190801132847j:image

f:id:karurun428:20190801133215j:image

至る所に彫刻があり、どれも素晴らしいです
f:id:karurun428:20190801133223j:image

修復工事でしょうか?

工事中の場所もありました。

f:id:karurun428:20190801133804j:image

 屋上テラスは期待通りで素晴らしかったです。

何人か階段で昇ってきた人と会いましたが息を切らしていました。

階段で昇ってくるのも楽しいかもですが、じっくり観光するならエレベーターの方が良さそうです。

 

大聖堂の中

 

次はミラノ大聖堂の内部を見学します。

エレベータで下に戻り、別の入口から入場します。

入口にあるセキュリティまで長蛇の列が出来ていて30分ほど並んで入れました。

美しいステンドグラスや数えきれないほどの素晴らしい彫刻があります。

f:id:karurun428:20190801135539j:image
f:id:karurun428:20190801135534j:image

f:id:karurun428:20190801135740j:image
f:id:karurun428:20190801135745j:image

 ミラノ大聖堂ミラノ大聖堂を堪能して、次はガレリアへ向かいます。

次回はショッピングセンターと呼んでいいのかな?

ガレリアの記事を書きます。

 

 

イタリア旅行#37 ミラノ ドゥオモ広場

こんにちは かるるんと申します。
イタリア旅行のブログを書いています。

前回はリテーネ空港にレンタカーを返してバスでミラノ市街まで移動した記事を書きました。

今回はミラノ市街を観光した記事を書きます。

 

 

 43 STATION HOTEL

 

リナーテ空港から乗ったバスをドゥオモ広場で降りて前日にネットで予約したホテルへ向かいます。

直ぐにドゥオモ広場へ戻ってくるのですが、大きな荷物を抱えて観光するわけにいかないので面倒でもチャックインしてスーツケースを置いて来なければならないのです。

ホテルはミラノ中央駅の近くにある「43 STATION HOTEL」。

ドゥオモ広場からホテルへは地下鉄に乗って移動します。

グーグルマップの案内がうまくいかなくて一駅先に進んでしまったけど無事に辿り着けたです。

ミラノ中央駅から近く利便性がよいのですが、部屋はこれまで泊まったホテルの中で一番狭くて少し広めのビジネスホテルみたいな感じでした。

f:id:karurun428:20190724145043j:image

f:id:karurun428:20190724145103j:image
f:id:karurun428:20190724145106j:image

 

 ミラノ中央駅

 

 ドゥオモ広場へ戻ります。

ミラノ中央駅から地下鉄に乗りドゥオモ広場へ向かいます。

来るときは乗り過ごして一駅先で降りたので初めてのミラノ中央駅です。

ローマのテルミニ駅やフィレンツェのサンタマリアノヴェッラ駅も風情があって素敵だったのですが、ミラノ中央駅は石造りで荘厳な佇まいなのですが周囲には高層ビルがあって不思議と都会的に思えました。

駅の広場には大きなツギハギのリンゴのオブジェがあったりして芸術に造詣の浅い僕には全然わからないですけど、きっとお洒落なのだと思います。

f:id:karurun428:20190724152923j:image
f:id:karurun428:20190724152926j:image

 

物乞い

 

 

 ドゥオモ広場に着いて12時を回っていたので昼食を食べる事にしました。

ドゥオモ広場にマックカフェがあったのでハンバーガーを食べることに。

注文はカウンターと自動販売機で出来ます。

せっかくの機会なので自動販売機で注文しました。

持ち帰るか店で食べるかを選んでメニューを決めてクレジットカードで支払いすると番号の印字されたレシートが出てきます。

電光掲示板に番号が表示されていて順番が来たら品物と引き換える仕組みでした。

自分のペースで選んで注文できるので英語で店員さんに注文するよりは気楽かもしれないないですね。

f:id:karurun428:20190724155554j:image

モニターでデカデカと広告をしてたチーズ&ベーコンのポテトを食べてみました。

ハンバーガーもポテトも食べてたことがあるようなマクドナルドの安心の味でした。

f:id:karurun428:20190724155615j:image

 マックをムシャムシャ食べていると中東系でしょうか褐色の肌の若い女の子が近づいてきて僕のペットボトルを掴んで「OK?」と聞いてきます。

「NO!」と答えると次のテーブルでも同じように食べ物や飲み物をねだります。

隣のテーブルで食べていた人が呆気にとられた感じで彼女に飲み物を渡すと今度はハンバーガーを掴みます。

了解は得られたようには見えなかったのですが、彼女はハンバーガーも持って店の外へ出て行ってしまいました。

食べ物をあげた客は警備員の人に凄く怒られていたのですが、内容は聞き取れなかったです。

店の中で欲しい物を直接掴んで「これ、ちょうだい」ってのは衝撃でした。

歌を歌ったり、何かを無理やり押し付けて対価として金銭などを貰うのなら少しは理解出来ますけど「腹が減ったから食べ物くれ」というのは一応、同意を求めてるといっても盗む行為と同じように感じました。

次回はドゥオモを観光した記事を書きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イタリア旅行#36 リナーテ空港

こんにちは かるるんと申します。
イタリア旅行のブログを書いています。

前回はミラノへ着いてホテルを探した記事を書きました。

今回はレンターカーを返却したりした記事を書きます。

 

 

 朝食

 

この日はレンタカーを返してミラノ市街へ移動して観光する予定です。

荷物をまとめて身だしなみを整えたら朝食を食べに朝食会場へ向かいます。

今回のホテルは今までよりも大きなホテルなのでツアー客も宿泊しているのです。

前日のチェックインの時にちょうどツアーのバスが到着して中国人らしき人達が凄い音量で話をしてました。

ツアー客と一緒の場所で喧騒の中で食事だったら「嫌だな」って思っていたのですが、ツアー客の食事は終わっていたようで落ち着いて食事ができました。

食事は定番のハムやチーズとかのビュッフェスタイルでした。

f:id:karurun428:20190717141917j:image
f:id:karurun428:20190717141913j:image

 

 リナーテ空港

 

食事を済ませてチェックアウト。

まずはレンタカーを返却します。

返却場所はリナーテ空港です。

マルペンサ空港も選べたのですがリナーテ空港の方がミラノの中心部へ近く移動時間が短縮できるのでリナーテ空港を選択です。

 

イタリアで車を運転して三日目。

運転に慣れてロトンダ(ロータリー)もスムーズに通れるようになっていたので、もう少し車で移動して観光がしたい気持ちでしたけど、帰国が明日に迫っているので仕方がないです。

後ろ髪を引かれる想いでリネーテ空港まで運転しました。

 

f:id:karurun428:20190717152633j:image

途中で給油をしたりしても30分くらいでリナーテ空港に到着です。

空港入口にレンタカー置き場の標識があって簡単に駐車場まで辿り着けました。

外国人だからイタリアの人よりも室内やボディを細かくチェックされると思って少し緊張していたのですが、車の周りをサラッとチェックされただけでした。

書類の手続きも含めて15分くらいで返却手続きは終わりました。

f:id:karurun428:20190717152655j:image

 ローマと同じようにミラノにもバス、地下鉄、トラムの乗り放題のチケットがあってミラノでは地下鉄とバスで移動をすることになるのでリナーテ空港のターミナルの中にあるタバッキでミラノの公共交通機関の乗り放題チケットを購入します。

チケットの種類はいろいろあるのですが、ミラノ観光はこの日だけなので有効期限が24時間のものを購入しました。

自動販売機でも買えるようですが、片言の英語と身振り手振りで質問しても店員さんが親切に教えてくれるのでタバッキでの購入の方が安心だと思います。

f:id:karurun428:20190718150430j:image

 

バスの中

 

 リナーテ空港からミラノ市街までは路線バスで移動します。

リナーテ空港は始発なので座れたのですが、リムジンバスではないのでスーツケースは車内の通路に置いての移動でした。

ミラノで初めての公共交通機関、ローマではトラムの中でスリに遭いかけたのでスーツケースやバックには注意を払います。

市街に近づくにつれて乗客が増えて立っている人が増えてきたので、スーツケースが他の乗客の邪魔になっていると思い、膝の上に乗せようとしたら横に立っていた男性が「大丈夫だよ」的なジェスチャーをして目を合わせて微笑んでくれます。

悪口では無いですけど、ローマの公共交通機関は割り込みとかはされましたけど、このようなことは無かったので「ミラノの人って凄く良い人」と強く思ったです。

そういえば昨日泊まったホテルの受付の人も親切だったし、スーパーで美味しいワインを薦めてくれた若者も優しかったですなぁ。

そんなこんなでバスはミラノ市街に着きます。

次回はミラノ観光の記事を書きます。

 

 

 

 

イタリア旅行#35 ミラノの夜

こんにちは かるるんと申します。
イタリア旅行のブログを書いています。

前回は高速道路にのってミラノまで移動した記事を書きました。

ミラノ1日目の記事を書きます。

 

ミラノへ着いてまずは今夜泊まるホテルを予約しなければなりません。

天気も良くなかったのもあって、ミラノへ着いてすぐに日が暮れてあたりは暗くなっていたので急いで宿を探さなければです。

いくら車の中とはいえ初めての土地での夜は不安な気持ちにさせます。

レンタカーは翌日までの予約なのでホテル探しの条件は駐車場があることです。

二人でスマホで調べていると意外と簡単に見つかりました。

ミラノ郊外のホテルでしたが日本語の口コミもあるし、駐車場もあってお値段も「まぁまぁ」なので決定です。

グランドホテル バローネ ディ サッシ というホテルです。

車を走らせホテルへ向かいます。

 ミラノにもZTLが沢山あるようなので標識に注意しながら運転でしたが、夜の運転で見えにくいのとフィレンツェよりもミラノの方が車の流れが速くてスピードを落として運転できる雰囲気ではなかったので「入っちゃったら入っちゃたで仕方ないよね」みたいな感じになちゃって流れに沿って運転しましたが、今のところ交通違反の通知は来ていません。

 グーグルマップも迷わないで案内してくれてスムーズにホテルへ到着です。

チェックインを済ませ車を地下の駐車場へ停めて、そのままエレベータで客室へ。

これまで泊まったホテルのよりも部屋が広くてゆったりしていましたが、湯沸かしポットやティーカップが設置されて無くて少し不便かなと感じましたけど値段なりなのかもですね。

f:id:karurun428:20190711151749j:image
f:id:karurun428:20190711151745j:image
f:id:karurun428:20190711151752j:image

 部屋に入って20時を過ぎていたので、まずは夕食を食べる事になりました。

外食か部屋の中で食べるか迷ったのですが、ホテルの近くにスーパーがあるようなので総菜をかって部屋でのんびり食べることになりました。

ホテルから歩いて10分くらいでスーパーです。

これまでのイタリアのスーパーよりも大きくて品物も充実しています。

ローマやフィレンツェで買い物をしたスーパーは観光地の中のあるせいか調理する食材よりも総菜の方が多かったのですが、このスーパーは地元の人が買い物をする普通のスパーなんだろうなって感じでした。

f:id:karurun428:20190711155818j:image
f:id:karurun428:20190711155810j:image
f:id:karurun428:20190711155815j:image

f:id:karurun428:20190711160142j:image

 

数十本のワインが売られている売り場がありました。

「イタリアでワイン飲んでないなぁ」なんて眺めていると20代くらいのイタリア人の男性に急に話しかられました。

彼「ジャパニーズ?」

僕「イエス

彼もそんなに英語が得意ではないようで、身振り手振りを交えて片言の英語で僕に話しかけてきます。

彼「僕は毎日ここでワインを買うんだけど、あのワインがとても美味しいんだ。たまにしかなくて置いてなくて珍しいんだよ」

と何故か興奮した口調で話してきます。

僕「へー。どんな味?」

彼「ドライだよ」

「ドライって辛口か?」甘口は得意じゃないけど辛口なら好みなので買ってみようかと思って、棚をみるとその種類のワインは一本だけです。

彼「今日は君に譲ってあげるよ」

と言ってたかどうかは聞き取りませんでしたが、ヒラりと手の平を上に上げて「どうぞ」ってジェスチャーをします。

そのワインには値札が付いてなかったので「いくらなの?」と聞いてみると

彼「それが、わからないんだよ。高い時もあれば安い時もある。」

と腕を波打つようにクネクネさせて教えてくれました。

 

マジか。イタリアのスーパーには時価のワインが売っているのですか・・・

そして、値段のわからない品物を薦めてくる若者 イタリア人って凄くないですか?

 

その若者との会話を要約するとこんな感じですが、お互いに片言の英語と身振り手振りでのやりとりなので時間にすると15分くらいが経っているのです。

いつまでもワインを買う買わないで悩んでる時間はありません。

「たまにしか入荷しない大好きなワインを買う権利を譲ってもらってるのに値段にビビッて買わない日本人のおっさんってカッコ悪すぎだよな」とか「買わないと日本人がセコイと思われちゃうんだろうな」とか考えて買うことにしました。

若者にお礼を言い、ワインを片手に彼女と合流です。

彼女はイタリア人のヤンキーにオヤジ狩りされいて大変そうだなと思いながら遠くから僕を見守ってくれていたそうですよ。

 

 レジで支払いです。

時価のワインの値段は、10ユーロでした。

日本円で1200円くらいですね。

その時は、彼が何故、僕に話しかけてこのワインを薦めたのかは、知らないですけど10ユーロってのは拍子抜けでした。

と、いうか何だか馬鹿にされたような気がして悲しい気持ちになりました。

 

ホテルへ帰って買い込んだ総菜とワインの夕食です。

まずは例のワインで乾杯ですよ

f:id:karurun428:20190711205601j:image

 左手で割れんばかりと掴んでいるエビの絵が描いてあるワインがそれです。

実際に飲んでみると辛口で唇をピリピリと刺激する感覚の辛口の好みのワインです。

なんだか、凄く美味しくて「アッ」という間に飲み切ってしまいました。

「イタリアの若者よ。疑ってごめんなさい」

大袈裟かもですが、あのときの美味しさは一生忘れないです。

 

次回はミラノ観光の記事を書きます。

 

 

 

 

 

 

イタリア旅行#34 ピサからミラノへ

こんにちは かるるんと申します。
イタリア旅行のブログを書いています。

前回はピサのドゥオモ広場を観光した記事を書きました。

今回はピサからミラノまで移動した記事を書きます。

 

 今後の予定

 

ピサで昼食を済ませミラノ方面へ移動です。

ピサのドゥオモ広場までは、なんとか天気がもっていたのですが車を走らせると雨が降ってきました。

ピサからミラノまでは約300キロ。ほとんどが高速道路の運転です。

天候が少し悪いけどフィレンツェの駐車場のおじさんが「ミラノへはパルマ経由よりジェノバ経由の方がイージーだぜ」って言っていたので気楽に出発です。

 

右側通行にも慣れてきていたので国内旅行みたいに彼女と話しながらドライブ出来るようになっていました。

話題はミラノまで直接行くか途中の観光地で観光してミラノへ行くかです。

この時点で今晩泊まるホテルの予約はしていないので、どちらの選択も可能なのです。

彼女の希望はミラノの途中で観光、宿泊して翌日にミラノを観光するというプランでした。

候補地はチンクエ・テッレというピサとジェノバの間くらいにある観光地です。

チンクエ・テッレは海沿いの断崖にカラフルな集落があったり風向明媚な景色が堪能できる観光地らしいです。

ピサを出発したのは14時過ぎなのでイタリア旅行も残すところ二日と半日です。

僕は海沿いを観光するには天気は良くないし、まずはミラノへ着いてホテルで体を休めて翌日に備えた方が良いと主張したのですが彼女も折れず平行線です。

「チンクエ・テッレのホテルがとれたら行こう」ということになり、彼女はスマホでエクスペディアと格闘したのですが、当日に空いているホテルが無く目的地はミラノになりました。

国内なら「車中泊で良いから行きたい」と言いかねない勢いだったのですが、さすがにイタリアでの車中泊は無理と考えたのか諦めたようです。

 サービスエリア

 

ガソリンメーターに目をやると半分以下になっていたので「給油をしなければいけないね」となりました。

慣れない土地でのドライブなので早め早めの給油です。

給油できるサービスエリアがあったのでさっそく給油しました。

初めての給油でしたが、有人のガソリンスタンドで言葉もうまく通じたのでなんの問題もなく完了しました。

f:id:karurun428:20190710160219j:image

無事に給油を終えて安心した束の間に「ちょっと話が違うかも?」ってなったのです。

平坦だった道が急に峠道になってクネクネしたカーブが続くし何キロもアップダウンが激しい行程になったのです。

駐車場のおじさんは「イージー」と言ってたのですが、全然イージーじゃない峠道が1時間くらい続いて「これがイージーならパルマ経由だったなら死んでたかもね。」

ジェノバ経由にして良かったよ」と話しながらのドライブでした。

国内の高速道路でのドライブでは余り経験したことがない急な峠道だったです。

f:id:karurun428:20190710160302j:image

少し平坦になったところにサービスエリアがあったので休憩です。

イタリアのサービスエリアってどんなのか興味がありましたが日本のサービスエリアと同じ感じでしたね。

レストランがあったりお土産を売っていたり普通ですね。

f:id:karurun428:20190710160406j:image
f:id:karurun428:20190710160417j:image
f:id:karurun428:20190710160413j:image
f:id:karurun428:20190710160403j:image

 これが最後の休憩でその後は順調に進み18時頃にミラノへ到着しました。

次回はミラノでの夕食とかの記事を書きたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イタリア旅行#33 ピサ

こんにちは かるるんと申します。
イタリア旅行のブログを書いています。

前回はフィレンツェからジェノバ経由かパルマ経由でミラノへ向かうか悩んだ結果、ジェノバ経由でミラノへ行くことになった記事を書きました。

今回はミラノの途中にあるピサを観光した記事を書きます。

 

フィレンツェからレンタカーでピサへ向かいます。

ピサと言えば「ピサの斜塔

イタリアに疎かった僕でも知ってるくらいにポピュラーな観光地です。

ピサの斜塔」は世界遺産のピサのドゥオモ広場にあるピサ大聖堂の鐘楼だそうです。

地盤沈下で傾いたくらいしか知らなかったですけど、実物を観れると思うと胸が高鳴ったですよ。

 

さて、いつも通りにグーグルマップに目的地をセットしてフィレンツェを出発します。

まずは高速道路を使っての移動。

フィレンツェから1時間くらいで高速のインターを降りて一般道を進むのですが、ピサはイタリア有数の観光地とあってZTLの地域が沢山あるので警戒しながらの運転となります。

グーグルマップはZTLを教えてくれないので、僕は出来るだけスピードを落として慎重に運転して、助手席の彼女はZTLのマークが書いてある標識を注意して進んで行った甲斐があって、何度もZTLの標識をみつけて進路変更できました。

停車して何度もZTLの地図を見ながら道順を探してなんとかピサのドゥオモ広場へ辿り着きました。

旅行前は右側通行と左ハンドルの車を上手に運転できるかだけを考えていましたが、それよりも観光地はZTLだらけで常に標識を確認しながらの運転の方がよっぽど大変でしたね。

 

ピサのドゥオモ広場の横を通りかかると、警備員がいて警備員の案内に沿って運転していたら駐車場に入れました。

もちろん、有料駐車場ですがドゥオモ広場まで徒歩3分くらいで、なんと!敷地内に自由に使えるトイレがある素敵な駐車場でした。 

駐車場を探す時間も省けたのでラッキーだったのですが、思い返すと観光客を強制的に有料駐車所へ入れる誘導だったのですね。

 

さっそく、ピサのドゥオモ広場へ。

ドゥオモ広場へ入ると「ピサの斜塔」が見えました。

「思ってたより傾いてなくない?」というのが遠くから見た感想でしたが、写真で見てみるとけっこう傾いているように見えますね。

f:id:karurun428:20190709131016j:image

 「ピサの斜塔」で観光客が写真を撮っているので、撮影場所が空くのを待って僕らもお約束のポーズで写真撮影です。

f:id:karurun428:20190709134405j:image

 事前にチケットを予約して買えば「ピサの斜塔」へ登れたのですが、今回は下から眺めるだけの観光です。

行き当たりばったりの旅は楽しいのですが、予定していない場所に急に来てしまうと調査不足で行きたい場所へ行けないことがあるのです。

こういう展開は慣れているのですが、今回は少し残念でした。

ピサの斜塔」ほどではないけれどサン・ジョバンニ洗礼堂も傾いているらしいのですが傾きに気が付きませんでした。

丸くて可愛らしいドームがサン・ジョバンニ洗礼堂です。

f:id:karurun428:20190709135814j:image

他にも納骨堂や中庭があって綺麗な場所でした。

晴れていればもっと綺麗だっただろうな。
f:id:karurun428:20190709135817j:image
f:id:karurun428:20190709135810j:image

 そうこうしているうちに昼時になったので広場にあった屋台で軽くランチを済ませて

ミラノへ向かうことにしました。

次回はミラノへ向かう記事を書きます。