かるるんぶろぐ

イタリア旅行のブログ書いてます。

イタリア旅行#35 ミラノの夜

こんにちは かるるんと申します。
イタリア旅行のブログを書いています。

前回は高速道路にのってミラノまで移動した記事を書きました。

ミラノ1日目の記事を書きます。

 

ミラノへ着いてまずは今夜泊まるホテルを予約しなければなりません。

天気も良くなかったのもあって、ミラノへ着いてすぐに日が暮れてあたりは暗くなっていたので急いで宿を探さなければです。

いくら車の中とはいえ初めての土地での夜は不安な気持ちにさせます。

レンタカーは翌日までの予約なのでホテル探しの条件は駐車場があることです。

二人でスマホで調べていると意外と簡単に見つかりました。

ミラノ郊外のホテルでしたが日本語の口コミもあるし、駐車場もあってお値段も「まぁまぁ」なので決定です。

グランドホテル バローネ ディ サッシ というホテルです。

車を走らせホテルへ向かいます。

 ミラノにもZTLが沢山あるようなので標識に注意しながら運転でしたが、夜の運転で見えにくいのとフィレンツェよりもミラノの方が車の流れが速くてスピードを落として運転できる雰囲気ではなかったので「入っちゃったら入っちゃたで仕方ないよね」みたいな感じになちゃって流れに沿って運転しましたが、今のところ交通違反の通知は来ていません。

 グーグルマップも迷わないで案内してくれてスムーズにホテルへ到着です。

チェックインを済ませ車を地下の駐車場へ停めて、そのままエレベータで客室へ。

これまで泊まったホテルのよりも部屋が広くてゆったりしていましたが、湯沸かしポットやティーカップが設置されて無くて少し不便かなと感じましたけど値段なりなのかもですね。

f:id:karurun428:20190711151749j:image
f:id:karurun428:20190711151745j:image
f:id:karurun428:20190711151752j:image

 部屋に入って20時を過ぎていたので、まずは夕食を食べる事になりました。

外食か部屋の中で食べるか迷ったのですが、ホテルの近くにスーパーがあるようなので総菜をかって部屋でのんびり食べることになりました。

ホテルから歩いて10分くらいでスーパーです。

これまでのイタリアのスーパーよりも大きくて品物も充実しています。

ローマやフィレンツェで買い物をしたスーパーは観光地の中のあるせいか調理する食材よりも総菜の方が多かったのですが、このスーパーは地元の人が買い物をする普通のスパーなんだろうなって感じでした。

f:id:karurun428:20190711155818j:image
f:id:karurun428:20190711155810j:image
f:id:karurun428:20190711155815j:image

f:id:karurun428:20190711160142j:image

 

数十本のワインが売られている売り場がありました。

「イタリアでワイン飲んでないなぁ」なんて眺めていると20代くらいのイタリア人の男性に急に話しかられました。

彼「ジャパニーズ?」

僕「イエス

彼もそんなに英語が得意ではないようで、身振り手振りを交えて片言の英語で僕に話しかけてきます。

彼「僕は毎日ここでワインを買うんだけど、あのワインがとても美味しいんだ。たまにしかなくて置いてなくて珍しいんだよ」

と何故か興奮した口調で話してきます。

僕「へー。どんな味?」

彼「ドライだよ」

「ドライって辛口か?」甘口は得意じゃないけど辛口なら好みなので買ってみようかと思って、棚をみるとその種類のワインは一本だけです。

彼「今日は君に譲ってあげるよ」

と言ってたかどうかは聞き取りませんでしたが、ヒラりと手の平を上に上げて「どうぞ」ってジェスチャーをします。

そのワインには値札が付いてなかったので「いくらなの?」と聞いてみると

彼「それが、わからないんだよ。高い時もあれば安い時もある。」

と腕を波打つようにクネクネさせて教えてくれました。

 

マジか。イタリアのスーパーには時価のワインが売っているのですか・・・

そして、値段のわからない品物を薦めてくる若者 イタリア人って凄くないですか?

 

その若者との会話を要約するとこんな感じですが、お互いに片言の英語と身振り手振りでのやりとりなので時間にすると15分くらいが経っているのです。

いつまでもワインを買う買わないで悩んでる時間はありません。

「たまにしか入荷しない大好きなワインを買う権利を譲ってもらってるのに値段にビビッて買わない日本人のおっさんってカッコ悪すぎだよな」とか「買わないと日本人がセコイと思われちゃうんだろうな」とか考えて買うことにしました。

若者にお礼を言い、ワインを片手に彼女と合流です。

彼女はイタリア人のヤンキーにオヤジ狩りされいて大変そうだなと思いながら遠くから僕を見守ってくれていたそうですよ。

 

 レジで支払いです。

時価のワインの値段は、10ユーロでした。

日本円で1200円くらいですね。

その時は、彼が何故、僕に話しかけてこのワインを薦めたのかは、知らないですけど10ユーロってのは拍子抜けでした。

と、いうか何だか馬鹿にされたような気がして悲しい気持ちになりました。

 

ホテルへ帰って買い込んだ総菜とワインの夕食です。

まずは例のワインで乾杯ですよ

f:id:karurun428:20190711205601j:image

 左手で割れんばかりと掴んでいるエビの絵が描いてあるワインがそれです。

実際に飲んでみると辛口で唇をピリピリと刺激する感覚の辛口の好みのワインです。

なんだか、凄く美味しくて「アッ」という間に飲み切ってしまいました。

「イタリアの若者よ。疑ってごめんなさい」

大袈裟かもですが、あのときの美味しさは一生忘れないです。

 

次回はミラノ観光の記事を書きます。