かるるんぶろぐ

イタリア旅行のブログ書いてます。

イタリア旅行#37 ミラノ ドゥオモ広場

こんにちは かるるんと申します。
イタリア旅行のブログを書いています。

前回はリテーネ空港にレンタカーを返してバスでミラノ市街まで移動した記事を書きました。

今回はミラノ市街を観光した記事を書きます。

 

 

 43 STATION HOTEL

 

リナーテ空港から乗ったバスをドゥオモ広場で降りて前日にネットで予約したホテルへ向かいます。

直ぐにドゥオモ広場へ戻ってくるのですが、大きな荷物を抱えて観光するわけにいかないので面倒でもチャックインしてスーツケースを置いて来なければならないのです。

ホテルはミラノ中央駅の近くにある「43 STATION HOTEL」。

ドゥオモ広場からホテルへは地下鉄に乗って移動します。

グーグルマップの案内がうまくいかなくて一駅先に進んでしまったけど無事に辿り着けたです。

ミラノ中央駅から近く利便性がよいのですが、部屋はこれまで泊まったホテルの中で一番狭くて少し広めのビジネスホテルみたいな感じでした。

f:id:karurun428:20190724145043j:image

f:id:karurun428:20190724145103j:image
f:id:karurun428:20190724145106j:image

 

 ミラノ中央駅

 

 ドゥオモ広場へ戻ります。

ミラノ中央駅から地下鉄に乗りドゥオモ広場へ向かいます。

来るときは乗り過ごして一駅先で降りたので初めてのミラノ中央駅です。

ローマのテルミニ駅やフィレンツェのサンタマリアノヴェッラ駅も風情があって素敵だったのですが、ミラノ中央駅は石造りで荘厳な佇まいなのですが周囲には高層ビルがあって不思議と都会的に思えました。

駅の広場には大きなツギハギのリンゴのオブジェがあったりして芸術に造詣の浅い僕には全然わからないですけど、きっとお洒落なのだと思います。

f:id:karurun428:20190724152923j:image
f:id:karurun428:20190724152926j:image

 

物乞い

 

 

 ドゥオモ広場に着いて12時を回っていたので昼食を食べる事にしました。

ドゥオモ広場にマックカフェがあったのでハンバーガーを食べることに。

注文はカウンターと自動販売機で出来ます。

せっかくの機会なので自動販売機で注文しました。

持ち帰るか店で食べるかを選んでメニューを決めてクレジットカードで支払いすると番号の印字されたレシートが出てきます。

電光掲示板に番号が表示されていて順番が来たら品物と引き換える仕組みでした。

自分のペースで選んで注文できるので英語で店員さんに注文するよりは気楽かもしれないないですね。

f:id:karurun428:20190724155554j:image

モニターでデカデカと広告をしてたチーズ&ベーコンのポテトを食べてみました。

ハンバーガーもポテトも食べてたことがあるようなマクドナルドの安心の味でした。

f:id:karurun428:20190724155615j:image

 マックをムシャムシャ食べていると中東系でしょうか褐色の肌の若い女の子が近づいてきて僕のペットボトルを掴んで「OK?」と聞いてきます。

「NO!」と答えると次のテーブルでも同じように食べ物や飲み物をねだります。

隣のテーブルで食べていた人が呆気にとられた感じで彼女に飲み物を渡すと今度はハンバーガーを掴みます。

了解は得られたようには見えなかったのですが、彼女はハンバーガーも持って店の外へ出て行ってしまいました。

食べ物をあげた客は警備員の人に凄く怒られていたのですが、内容は聞き取れなかったです。

店の中で欲しい物を直接掴んで「これ、ちょうだい」ってのは衝撃でした。

歌を歌ったり、何かを無理やり押し付けて対価として金銭などを貰うのなら少しは理解出来ますけど「腹が減ったから食べ物くれ」というのは一応、同意を求めてるといっても盗む行為と同じように感じました。

次回はドゥオモを観光した記事を書きます。